スキップしてコンテンツに移動する

研究者・将志郎が完成させた梅酢梅干しとは!?

2020年、YouTubeの梅ボーイズチャンネルでこんな動画を公開しました。

【塩抜きしない王道の味】低塩分だけど無添加の梅干しを開発

その後どうなったか? この場でお披露目させてください!

もっと濃厚な梅干しを、塩味を強くすることなく作りたい」。そして、「栄養満点な梅酢の魅力をもっと知ってほしい」。という思いから生まれたこの試作品。

通常は完熟の生梅を塩で漬けてから天日干しして梅干しができあがるのですが、

もともと梅の成分・味がたっぷり含まれた梅酢で漬けてみた結果、

まさに梅の味が濃い梅干しができました!

しかし、商品化するにはまだまだ解決しなければならない課題がたくさんあったので、試行錯誤を繰り返し、、、、

なんと2年の歳月が経ち、やっと!

 (詳細はこちらの動画

早速、いろんな人に試食してもらうと、、

 

梅の”味”だけでなく”成分”が濃いという点も、数値としてもデータが出ており、

梅研究所さんで調べてもらった結果、一般的な調味梅干しと比べてクエン酸量は2〜3倍、リンゴ酸量は2~4倍も含まれていることが分かりました!

梅の味が濃い上に身体に良いなんて、いいとこ取りすぎる!!

これ、画期的なのは「原材料は梅・梅酢(梅+天日塩)のみ」で、梅のまろやかな旨みとすっぱさをギュッと閉じ込めた至極の一粒を作ることができた点だと思います。

もちろん、保存料・着色料・甘味料等の添加物は一切使用していません。

塩を控えることで梅干しが傷まないよう、ポンプを使って24時間体制で梅酢をかき混ぜ続けるなど、設備面でも工夫しました。

1年熟成させて塩の角がとれた梅酢を使って漬け、天日干ししたあとさらに1年熟成させるので、完成まで2年かかる梅酢梅干し。

他ではなかなかお目にかかれないと思います。ぜひ一度お試しいただきたいです!

商品ページはこちら↓をクリック!

梅と塩】と【梅酢梅干し】を食べ比べて、味の違いを楽しんでいただくのもおすすめです!

それではみなさま、よいうめしごとを☆

作り手が食べる人を想い、食べる人が作り手を想える、暖かい食文化を、梅干しづくりを通して残していきます。

梅ボーイズ