スキップしてコンテンツに移動する

梅干しの効能|デメリットと効果的な食べ方を解説。


梅干しは美肌や健康に良いとされる食べ物です。
以下でも解説しますが、梅干しはクエン酸を多く含んでおり、美容だけでなく疲労回復の効果や腸内環境の改善等に役立ちます。

そんな梅干しについてこの記事では梅干しの効果やデメリット、効果的な食べ方について解説してゆきます。

→無添加梅干しをご購入の方はこちら

梅干しに含まれる栄養素

梅干しは美容や健康に良い影響を与える栄養素が多く含まれています。具体的には下記のような栄養素が含まれています。

  • クエン酸
  • コハク酸
  • リンゴ酸
  • 酒石酸
  • ミネラル
  • これらが、健康に非常に良い影響を与えているという点をまず抑えておいてください。特に、梅干しが保有するクエン酸は様々な点で良い影響を与えてくれます。

    梅干しの効果とは?

    梅干しには主に下記の5つの健康への効果があるとされています。

  • 効果①|消化促進と腸内環境の改善
  • 効果②|疲労回復
  • 効果③|免疫力の向上
  • 効果④|血圧の安定
  • 効果④|骨の老化の防止
  • 効果⑤|肝臓や臓器への効果
  • 効果⑥|美肌効果
  • 主に、健康や美容に対して効果があるとされています。また本記事は片山(2008)「梅の研究」(美味技術研究会誌)の情報をもとに執筆しています。

    効果①|消化促進と腸内環境の改善

    梅干しに含まれるクエン酸は消化酵素の働きを助け、消化を促進します。

    また、梅干しの有機酸は腸内環境を整え、便秘の解消に役立つと言われています。

    効果②|疲労回復

    梅干しクエン酸には疲労物質である乳酸の蓄積を抑える作用があり、体の疲れを感じやすい方には特におすすめです。

    梅干しを食べることで、疲労回復をサポートするとされています。

    効果③|免疫力の向上

    梅干しはビタミンCを豊富に含んでおり、風邪の予防や免疫力の向上に役立つとされています。

    ビタミンCは抗酸化作用も持ち、細胞の老化防止にも効果的です。

    効果④|血圧の安定

    梅干しに含まれるムメフラールという成分には、血圧を安定させる作用があるとされています。高血圧の予防や改善に役立つ可能性があります。

    ただ、過剰摂取すると逆効果にもなりかねないので一日1、2個程度で収めるようにしましょう。


    効果④|骨の老化の防止

    梅干しは、その酸っぱさの主成分であるクエン酸がカルシウムの吸収を助ける役割を果たします。カルシウムは骨を形成するための重要なミネラルであり、その吸収を促進することは、骨密度の維持や骨の老化を防ぐ上で非常に重要です。


    効果⑤|肝臓や臓器への効果

    梅干しには、肝臓の機能をサポートする栄養素があります。クエン酸は肝臓でのアルコールの分解を助け、肝臓に負担をかける物質の排出を促進します。

    これにより、肝臓の健康を保ち、肝機能の向上に役立つと考えられています。

    効果⑥|美肌効果

    ビタミンCとクエン酸の抗酸化作用により、梅干しは肌の老化を防ぎ、美肌を保つ効果が期待できます。これは梅干しだけでなく、梅干しを食べることで分泌される唾液による影響により食中毒菌を殺菌する二重効果によって実現するものです。

    梅干しのデメリットとは?

    梅干しは非常に健康に良い食べ物ですが、過剰摂取によってデメリットを引き起こす可能性があります。具体的には下記の3点がデメリットとしてあげられます。

  • デメリット①|塩分が高い
  • デメリット②|胃への影響
  • デメリット③|カリウムの摂取過多
  • それぞれ詳細に解説して行きます。

    デメリット①|塩分が高い

    梅干しは塩分を多く含んでいるため、高血圧や心臓病、腎疾患などの病歴がある人は摂取量に注意する必要があります。

    デメリット②|胃への影響

    梅干しの酸味はクエン酸によるものですが、過剰に摂取すると胃酸過多を引き起こす可能性があり、胃に負担をかけることがあります。

    デメリット③|カリウムの摂取過多

    梅干しにはカリウムも含まれており、腎機能が低下している人が大量に摂取すると、カリウムの過剰摂取に繋がり、健康を害することがあります。

    梅干しの効果的な食べ方

  • 食べ方①|朝食に摂取する
  • 食べ方②|おにぎりの具として
  • 食べ方③|お茶漬けのアクセントとして
  • 食べ方④|料理の隠し味として
  • 食べ方①|朝食に摂取する

    一日のスタートで梅干しを通してクエン酸を摂取することで、代謝を促進させることができます。

    ご飯の上に梅干しを一つ乗せるだけで、1日の疲労の蓄積度合いを削減してくれる優れものと言えるでしょう。

    食べ方②|おにぎりの具として

    梅干しをおにぎりの具にするのはみなさんもやるのではないでしょうか。梅干しおにぎりは保存性が高く、ピクニックやお弁当に最適です。

    また、食事中に食べることで、食欲を増進させ、食事の満足度を高めます。

    食べ方③|お茶漬けのアクセントとして

    お茶漬けに梅干しを加えることで、さっぱりとした味わいになり、食後のリフレッシュにもなります。

    消化を助けると同時に、食後の疲れを取り除く効果も期待できます。

    食べ方④|料理の隠し味として

    梅干しを細かく刻んで、煮物や和え物、ドレッシングなどの料理に加えると、料理の味に深みと酸味を加えることができます。これにより、料理全体の風味が向上し、さらに健康効果も享受できます。

    梅干しはいつ食べるのがいいのか?

    梅干しを食べるタイミングとして下記の3パターンが想定されます。

    1. 朝食時
    2. 運動前
    3. 疲労を感じた時
    4. 食事中

    朝食や運動前に食べることで疲労の蓄積を抑えることができておすすめです。一方で、疲労を感じた時にも、疲労軽減効果のある梅干しを食べると良いでしょう。

    まとめ

    結論、過剰摂取をしなければ梅干しは非常に健康や美容にとって優れた食べ物です。

    梅干しにはクエン酸が入っており、それが人の健康にとって良い影響を与えてくれます。また、食べるタイミング次第で更なる効果を効果を発揮してくれます。

    もしこの記事を読んで梅干しが食べたい!と思った方はぜひ梅ボーイズの商品を手に取ってみてください。

    作り手が食べる人を想い、食べる人が作り手を想える、暖かい食文化を、梅干しづくりを通して残していきます。

    梅ボーイズ