公務員から梅農家へ!自由を求めて転職したら、、?

今回は、梅ボーイズメンバー紹介第三弾 澤本さん編です。

年齢 29歳(1/29で30歳)
出身地 和歌山県上富田町
前職 地方公務員(市町村職員)

Xアカウント:https://twitter.com/umeboyssawamo(@umeboyssawamo)

 大学を卒業し、地元の市役所に入庁して6年が経った頃、高校の同級生だった将志郎から電話がありました。「梅の耕作放棄地を山に還す事業をするんだけど、やってみない?」

 元々、将志郎が梅ボーイズの活動をしていることは知っていました。
自分は自分で市職員として、目の前の仕事に向き合ってがむしゃらに頑張ってきましたが、その立場や環境には少し窮屈さを感じていました。それもあり、SNSや新聞で梅ボーイズの活動を目にする度に、「一度きりの人生、このままでいいのか。」「自分ももっと自由に、そして一本筋の通った生き方をしたい。」と思っていました。
なので、将志郎から電話がかかってきた時には、「人生の転機か!?」と思い、それから半年後には市役所を辞めて、梅ボーイズに加入しました。 ↑公務員から梅農家に変身してるつもりです(笑)


 梅ボーイズでの僕の主な役割は、現場作業動画編集です。

 現場作業については、主に梅の耕作放棄地を山に還す作業と、梅農家としての農作業の2つがあります。
ですが、実家や親戚が梅農家でもなく、主に事務仕事ばかりしていた自分は、林業・農業の作業に関してまさに全くのド素人。なので、現在はどちらの作業も、人に教わりながら学んでいます。

 現場作業をやってみて良かったことが主に3つあります。

 1つ目は、体力がついたこと。
高校卒業後約10年間、日常的にはほとんど体を動かしてこなかったので、初めは作業の休憩中に倒れこんでいましたが、現在は急な斜面の山を一気に登り切れるほど体力がつきました!

 2つ目は、持病のアトピーが改善されたこと。
自分は生後4ヶ月でアトピー性皮膚炎を発症して、小さい頃は入院するほど重症でした。中学・高校・大学ではそれほど重症化していなかったのですが、仕事を始めて1年目にアトピーが重症化して、成人型アトピーとして慢性化してしまいました。かゆさや痛みで睡眠不足が常態化し、本当に辛い日々でした。
しかし、農作業を始めて体の状態は一変!おそらく、体を動かす作業が身体的にも精神的にも良かったのだと思います。
今ではぐっすり眠ることができるようになり、傷だらけの体を見せたくないからと以前は行けなかった銭湯にも気軽に行けるようになりました!

 そして3つ目ですが、現場の作業が本当に楽しい
外で太陽の光を浴びながら、山々に囲まれて作業するあの感覚。事務仕事をしていた時には少し窮屈さを感じていましたが、外で作業をしていると自分は「自由」になれた感じがします。
 ↑最初はこんな感じで倒れこんでいました。 ↑今では急斜面で足場の悪い山も一気に登れるようになりました。


 動画編集については、日々の農作業を中心に動画として記録し、YouTubeにアップしています。
農業・林業の魅力や楽しさ、そしてそこで働く僕たちの想いを皆さんに知ってもらって、梅好き、梅干し好きの方や、農業・林業をやってみたいと思える人を増やしていきたいです。

 僕たちのYouTubeチャンネルはこちらから!

 仕事のない日は作業で疲れた体を癒すため、基本的には家でゴロゴロしています。寝転がったままできるので、YouTubeで動画を見ることが多いです。最近は、将棋の動画と行政・政治関係の動画を見ることが多いですね。

 将棋については、藤井聡太さんが八大タイトルを独占したのがきっかけで見るようになりました。なので、藤井八冠の対戦動画を見ることが多いです。
スマホアプリで自分で指すこともありますが、基本はいわゆる「観る将(将棋観戦を主に楽しむ人)」です。

 あとは、最近話題の地方議会の動画や、政治関係の動画をよく見ます。
前職が市職員だったのもあり、地方行政については関心が高いです。地方行政は国よりも国民と距離が近く、そこに住んでいる人々の意見も反映されやすい。SNSのおかげで他市町村の議会運営なども可視化されてきたので、これを機にもっと国民が地方行政に関心を持って、みんなの暮らしが良い方向に向かっていけばいいなと思います。


 そんな感じで家でゴロゴロすることがほとんどな自分ですが、予定が合うときには友達と釣りをしたり、デイキャンプに行ったり、アウトドアで自然を楽しみます。

基本的に「自由」を感じられるものに惹かれるので、自分の中でその象徴ともいえる大自然の中で遊ぶことが大好きです。
ですので、仕事として農業・林業を選んだのも、自然な選択だったのかもしれません。自然だけに。(笑)
 ↑実は右側に見切れているのは将志郎です。(笑)

 ↑友達が釣った魚を、さも自分が釣ったかのように自慢しています。(笑)


 好きな食べ物はお刺身。
紀伊田辺駅付近に「味光路(あじこうじ)」と呼ばれる飲み屋街があるのですが、実に多くのお店で美味しいお刺身が楽しめます。僕のお気に入りは「ウマヅラハギのお造り肝和え」。どこのお店で出されているか、ぜひ探してみてください。

 梅干しの食べ方で好きなのは、お肉系と一緒に食べることですね。
重たい味わいのお肉も、酸っぱい梅干しと食べればさっぱりおいしく食べられます。特に、唐揚げ弁当を食べる時には必ず梅干しを付け合わせています。

 推し梅干しは「梅と紫蘇」。
ルビーのようにきれいな深紅色はいつみても、「紫蘇だけでよくこんなきれいな色に染まるなぁ」と感心します。口に入れた瞬間紫蘇の風味が口に広がって、梅の酸味とマッチしていて最高です。


 梅ボーイズでやりたいことは、梅づくしのデイキャンプ
梅の木から作った薪で焚火をしながら、それぞれが自慢の梅干し料理を持ち寄って、梅酒を飲みたい!

 10年後の目標は、農業・林業を全力で楽しみながら且つしっかり稼いで、その背中をたくさんの人に見せることです!
世の中いろんな仕事がありますが、特に都会で働いている人なんかは、窮屈さを感じながら仕事をしている人も多いんじゃないかなと思います。
そんな人たちにとって、農業・林業が魅力的な選択肢となるよう、この地域で楽しく豊かに生きていく姿を見せられる人材になれればと思います!

作り手が食べる人を想い、食べる人が作り手を想える、暖かい食文化を、梅干しづくりを通して残していきます。

梅ボーイズ