梅ボーイズについて


we are umeboys!

「梅農家が誇りを持てる梅干しを作りたい」
そんな志を持って梅ボーイズは梅干し屋を始めました。

はじめまして、リーダーの山本将志郎です。

僕の生まれは和歌山県のみなべ町という場所です。
みなべ町は人口1万人の小さな町ですが日本一の梅の産地です。
僕の実家も5代続く梅農家で、小さな頃から梅干しを食べて育ちました。

僕は地元の高校を卒業し、北大の薬学部で研究を始めました。
その当時は梅農家を継ぐ気はなく、がんの新薬研究に没頭していました。

僕が大学に在学中、実家の農園を兄が継ぎました。
そんな兄からの一言が僕を梅干しの道へ突き動かすきっかけになりました。

「梅を栽培した後は、どの梅も甘い調味液で均一な味になる。正直、梅の味にこだわりはない。」

僕たち兄弟が子供のころから食べていた梅干しは塩だけで漬けた梅干しで、梅本来の味がして甘くないんです。
そんな梅干しが最近はほとんど製造されなくなっている現状を知りました。

それなら僕が「兄が納得する梅干しを作ろう」と思いました。
2017年から「梅、塩、紫蘇」というシンプルで梅の味が活きる梅干しの研究を始めました。
評判の良い梅干しを片っ端から食べてデータを取り、素材の比率・種類・熟成期間を
少しずつ変えて比較し、梅の美味しさを研究しました。

兄や他の梅農家さんにも協力していただいて「この梅干しなら美味しい」と思える梅干しが完成。
2018年6月より販売を開始しました。

日本各地で梅干しを販売すると、「梅の味がする」「なつかしい」「日本の宝だよ」と声をかけていただきました。
それらの感想を伝えた時の、兄や母や農園のみんなの顔は忘れられません。
就職するつもりだった僕は、内定を断って梅干し屋「うめひかり」を開く決意を固めました。

梅ボーイズ宣言

― 添加物は使わずに、塩だけ、塩と紫蘇だけで美味しい梅干しを作ります。 
梅農家が、もっともっと良い梅を作りたくなるような梅干しにします。

― 贈答ではなく、日常的に家庭で食べてもらえる価格を実現します。    

― 梅そのものの美味しさや素晴らしさを伝えることで、本来の伝統的な梅干し
を後世に残します。

是非一度、僕らが作った梅干しを食べてみてください。

梅ボーイズの梅干し販売ページ

Amazonでも販売を始めました!!
はじめまして、リーダーの山本将志郎です。



僕の生まれは和歌山県のみなべ町という場所です。
みなべ町は人口1万人の小さな町ですが日本一の梅の産地です。
僕の実家も5代続く梅農家で、小さな頃から梅干しを食べて育ちました。

僕は地元の高校を卒業し、北大の薬学部で研究を始めました。
その当時は梅農家を継ぐ気はなく、がんの新薬研究に没頭していました。

僕が大学に在学中、実家の農園を兄が継ぎました。
そんな兄からの一言が僕を梅干しの道へ突き動かすきっかけになりました。



「梅を栽培した後は、どの梅も甘い調味液で均一な味になる。正直、梅の味にこだわりはない。」

僕たち兄弟が子供のころから食べていた梅干しは塩だけで漬けた梅干しで、梅本来の味がして甘くないんです。
そんな梅干しが最近はほとんど製造されなくなっている現状を知りました。

それなら僕が「兄が納得する梅干しを作ろう」と思いました。



2017年から「梅、塩、紫蘇」というシンプルで梅の味が活きる梅干しの研究を始めました。
評判の良い梅干しを片っ端から食べてデータを取り、素材の比率・種類・熟成期間を
少しずつ変えて比較し、梅の美味しさを研究しました。

兄や他の梅農家さんにも協力していただいて「この梅干しなら美味しい」と思える梅干しが完成。
2018年6月より販売を開始しました。





日本各地で梅干しを販売すると、「梅の味がする」「なつかしい」「日本の宝だよ」と声をかけていただきました。
それらの感想を伝えた時の、兄や母や農園のみんなの顔は忘れられません。
就職するつもりだった僕は、内定を断って梅干し屋「うめひかり」を開く決意を固めました。



梅ボーイズ宣言

― 添加物は使わずに、塩だけ、塩と紫蘇だけで美味しい梅干しを作ります。 
梅農家が、もっともっと良い梅を作りたくなるような梅干しにします。

― 贈答ではなく、日常的に家庭で食べてもらえる価格を実現します。    

― 梅そのものの美味しさや素晴らしさを伝えることで、本来の伝統的な梅干しを後世に残します。


是非一度、僕らが作った梅干しを食べてみてください。

梅ボーイズの梅干し販売ページ

Amazonでも販売始めました!!